2010年03月31日

「1人区は自民と血みどろの戦い」 参院選で小沢氏(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は30日午前、富山市内で記者会見し、7月予定の参院選について「1人区はほとんど自民党との一対一の血みどろの戦いをしている。複数区は、複数擁立で初めて1人区と同じ条件になる。1人区にだけ、過半数(獲得)の大目標を押しつけるのは不公平だ」と、改選数が複数の選挙区での複数候補擁立方針の重要性を説いた。

 また、今週末で参院選の候補者擁立行脚を終えるとして、「一区切りつくので、私も一息つき、(その後)47都道府県を体力の続く限り行脚したい」と述べた。

【関連記事】
地方から反小沢? 民主静岡県連が参院選で「2人目擁立は困難」
生方発言騒動 民主に自浄努力迫る産経 朝日も小沢氏に期待せず
菅氏「聞いてない」亀井氏「耳が悪いんだよ」 郵政改革法案、閣内の混迷深刻
生方氏が激白!「考えブレてない、今後も党にモノを言う」
まだ安心できない? 小沢氏イライラ、特捜が元側近を事情聴取

政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
<京都精華大>業田良家さんが客員教授に(毎日新聞)
上司に怒られると思い…巡査が当て逃げ容疑(読売新聞)
アパートで練炭心中か 年下男性の遺体に刺し傷(産経新聞)
<防衛省>前連隊長発言を擁護 陸自3佐を処分(毎日新聞)
posted by コバリ リョウイチ at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

一括交付金「総論賛成・各論反対」省庁が大合唱(読売新聞)

 鳩山政権が地域主権改革の柱と位置づける、補助金の「一括交付金化」に各省が反発している。

 各省の副大臣らは政権交代前と同様の「総論賛成・各論反対」の大合唱で、夏の参院選までの策定を目指す地域主権戦略大綱の取りまとめは難航必至だ。

 一括交付金化は、使途を限定する地方自治体向けの「ひも付き補助金」を2011年度から使途が自由な「一括交付金」に改める取り組み。地方向け国庫補助金は10年度予算で、一部重複も含めて総額約21兆円、609本に上る。民主党は衆院選政権公約(マニフェスト)に「『ひも付き補助金』を廃止し、基本的に地方が自由に使える『一括交付金』として交付する」と明記した。

 これを具体化するため設置された政府の地域主権戦略会議(議長・鳩山首相)の作業班が18日などに行った10府省庁からのヒアリングで、副大臣や政務官は、一括交付金化の必要性は認めながら、所管する個別補助金の見直しには口々に反対した。

 「保育や介護などは、自治体の裁量に任せるより中央集権的な方法の方がなじむ」(厚生労働省・山井和則政務官)

 「社会資本整備は必要な地域に必要なタイミングで必要な額を配分する仕組みを確保すべきだ」(国土交通省・長安豊政務官)

 「温室効果ガス削減などの環境対策は国が後押しするため、一定のコントロールが必要だ」(環境省・大谷信盛政務官)

 こうした省庁の「ゼロ回答」について、作業班主査の神野直彦・関西学院大教授は「一括交付金化は政権公約にうたわれ、民主党の政策集にもある。簡単な作業ではないが、協力いただいて進めるしかない」と語る。

 戦略会議は31日にもヒアリング結果を踏まえて議論する。原口総務相は「中央主権をこのままやっておけばいいという話ではない。関係省庁とも連携してしっかり実現する」と意気込むが、政府内には早くも「首相のリーダーシップがなければ解決しない」との声が漏れている。

ストリートコンピューティング あす「小池スタイル8耐」(産経新聞)
新幹線レール、東京─鹿児島つながる…来春開通へ(読売新聞)
前田日明氏、国民新党から出馬も…外国人参政権反対で一致(スポーツ報知)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
生方氏「小沢氏、証人喚問を」 高嶋氏には謝罪要求(産経新聞)
posted by コバリ リョウイチ at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。